チェコのシュールレアリスムの映像監督で芸術家!ヤン・シュヴァンクマイエル

チェコのシュールレアリスムの映像監督で芸術家!ヤン・シュヴァンクマイエルについて紹介する。

本記事で彼のかんたんなプロフィールと作品が分かる。


 

ヤン・シュヴァンクマイエル

1934年9月4日、チェコスロバキアのプラハに生まれる。
1950年代にインスティテュート・オブ・インダストリアル・アーツとプラハ美術アカデミーのマリオネット学部で学ぶ。

彼は1964年に短編映画を作り始め、20年以上かけ、ようやくルイス・キャロルの不思議の国のアリスをベースにした長編映画を作るという長年の願望を達成する。

プラハのシュルレアリスムグループのメンバーである。

長編作品

アリス(1988)
ファウスト(1994)
悦楽共犯者(1996 )
オテサーネク 妄想の子供(2000)
ルナシー(2005)
サヴァイヴィング・ライフ/夢は第二の人生(2010)
虫(2018)

短編作品:多数

ドキュメンタリー

ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋(1984)
プラハからのものがたり(1990)
シュヴァンクマイエルのキメラ的世界(2001)

最後に

シュールレアリスムは1920年代ごろ発生した現実社会にとらわれず、作者の自由な発想でイメージを表現するもの。
シュヴァンクマイエルの作品はまさに、自由な発想で作られた独自の世界である。

映像を見たら忘れられない、悪夢のような映像の数々を作り上げる、作家であり監督である。

へんてこりんなものが大好きなので、シュヴァンクマイエルの作品も割と好きな分類である。「アリス」を始め数本した見たことがないので、もっといろいろと作品を見ていきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました