「ロッキー」「ランボー」「エクスペンタブルズ」といったアクション人気シリーズを連発!仲間を決して見捨てない俳優シルベスター・スタローン

「ロッキー」「ランボー」「エクスペンタブルズ」といったアクション人気シリーズを連発するハリウッド映画界を代表するアクションスター。
俳優シルベスター・スタローンの出演作品について所持している映画宣材(フライヤー)を使って紹介!!
「エクスペンタブルズ」シリーズ

シルベスター・スタローン

1946年7月6日、ニューヨークで、占星術師のジャッキーと美容師のフランク・スタローンの間に生まれた。

若いスタローンは、スイスのアメリカンカレッジとマイアミ大学に通い、最終的に文学士号を取得した。

俳優を目指していた当初は店の用心棒の仕事やソフトコアのポルノ映画などに出演するなど貧困と苦労の日々を送る。

ロジャー・コーマンがプロデュースしたデス・レース2000(1975)でマシンガン・ジョーというドライバーを演じるが他の映画では役に恵まれなかった。

「ロッキー」でアカデミー賞1976年の最優秀作品賞を受賞し、そこから運命が激変する。

その後、「ロッキー」シリーズや正統なる続編の「クリード」シリーズ、「ランボー」シリーズなどヒット作を連発し、いまやハリウッドを代表するアクションスターのひとりである。

「ロッキー」「クリード」シリーズ

 

『ランボー」シリーズ

主な出演作

ザ・イタリアン・スタローン(1970)
ブルックリンの青春(1974)
レベル(1974)
ビッグ・ボス(1975)
デス・レース2000年(1975)
さらば愛しき女よ(1975)
ロッキー(1976)
フィスト(1978)
パラダイス・アレイ(1978)
ロッキー2(1979)
ナイトホークス(1981)
勝利への脱出(1981)
ロッキー3(1982)
ランボー(1982)
ステイン・アライブ(1983)
クラブ・ラインストーン/今夜は最高!(1984)
ランボー/怒りの脱出(1985)
ロッキー4/炎の友情(1985)
コブラ(1986)
オーバー・ザ・トップ(1987)
ランボー3/怒りのアフガン(1988)
ロックアップ(1989)
デッドフォール(1989)
ロッキー5/最後のドラマ(1990)
オスカー(1991)
刑事ジョー ママにお手あげ(1992)
クリフハンガー(1993)
デモリションマン(1993)
スペシャリスト(1994)
ジャッジ・ドレッド(1995)
暗殺者(1995)
デイライト(1996)
コップランド(1997)
追撃者(2000)
ドリヴン(2001)
D-TOX(2002)
ロッキー・ザ・ファイナル(2006)
ランボー/最後の戦場(2008)
エクスペンダブルズ(2010)
エクスペンダブルズ2(2012)
バレット(2013)
大脱出(2013)
リベンジ・マッチ(2013)
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(2014)
クリード チャンプを継ぐ男(2015)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017)
大脱出2(2018)
クリード 炎の宿敵(2018)
バックトレース(2018)
大脱出3(2019)
ランボー ラスト・ブラッド(2019)
など

画像

画像

最後に

下積み時代から極貧の生活を送り、わずか3日で書き上げた「ロッキー」の脚本は、プロダクションで取り上げられ有名俳優が出演で映画化との話があり権利が高騰した。しかし、自分が主演でないと脚本は売らないという意思を貫き無名の監督と主演で映画化された。

しかし予想外に「ロッキー」は観客の共感を得て大ヒットし、第49回のアカデミー作品賞を受賞する。そうした苦難の日々を経験したためか、「エクスペンタブルズ」シリーズでアクションスターの仲間たちや「ロッキー」シリーズの正統なる続編である「クリード2」でかつての妻といった俳優として売れなくなったかつての仲間たちを重要な出演者として迎えている彼の生き方は熱い。 

また、三度の結婚で二男、三女がいる。残念なことに「ロッキー5」で共演した息子のセージは36歳の若さで早逝してしてしまった。現在の妻でモデルのジェニファー・フレイヴィンとの間には長女ソフィア、次女システィーン、三女スカーレットと全員がモデルの美女三姉妹の娘がいる。参考記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました