アメリカの映画監督、脚本家、俳優のクエンティン・タランティーノと監督作品の一覧

3月27日生まれ。アメリカの映画監督、脚本家、俳優であるクエンティン・タランティーノについて紹介する。

監督作品について一覧にしているので、参考にどうぞ。

クエンティン・タランティーノ

1967年3月27日テネシー州ノックスビル生まれ

俳優兼ミュージシャンのトニー・タランティーノと看護士の母親の間に生まれる。

母親は未婚のまま、16歳でタランティーノを生み、カルフォルニアに幼少のタランティーノと一緒に引っ越した。タランティーノの実父にはあったことがない。

母親は映画が好きで一緒に映画を見て育った。

1991年初めて脚本を書き監督した「レザボア・ドックス」サンダンス映画祭に出品され、批評家の賞賛を集めることとなった。

カンヌ映画祭では「パルプ・フィクション」が大成功をおさめパルムドールを受賞する。

「イングロリアス・バスターズ」クリストフ・ヴァルツが第82回アカデミー賞の助演男優賞を受賞

「ジャンゴ 繋がれざる者」で第85回アカデミー賞の脚本賞、クリストフ・ヴァルツが再び助演男優賞を受賞

「ヘイトフル・エイト」で作曲家のエンニオ・モリコーネがアカデミー作曲賞を受賞した。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」ではブラッド・ピットがアカデミー助演男優賞を受賞した。

古今東西のカルト映画に精通しており、自身の映画に敬愛する俳優を出演させたり、シーンや音楽にオマージュを捧げている。日本の映画やアニメの造詣も深い。

【監督作品】

レザボア・ドッグス(1992)

パルプ・フィクション(1994)

ジャッキー・ブラウン(1997)

キル・ビル Vol.1(2003)

キル・ビル Vol.2(2004)

デス・プルーフ in グラインドハウス(2007)

イングロリアス・バスターズ(2009)

ジャンゴ 繋がれざる者(2012)

ヘイトフル・エイト(2015)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)

画像

劇場に見に行った際のポスター

【製作作品】

キリング・ゾーイ(1994)製作総指揮
フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996)製作総指揮
フェティッシュ(1996)製作総指揮
フロム・ダスク・ティル・ドーン2(1999)製作総指揮
フロム・ダスク・ティル・ドーン3(2000)製作総指揮
ホステル(2005)製作総指揮
ホステル2(2007)製作総指揮
ヘルライド(2008)製作総指揮
キルショット(2009)
マチェーテ(2010)

【脚本作品】

トゥルー・ロマンス(1993)
ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994)
フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996)
フェティッシュ(1996)

最後に

3月27日生まれ。アメリカの映画監督、脚本家、俳優であるクエンティン・タランティーノの監督作について紹介した。

数々のカルト映画へのオマージュは、B級映画好きとしては嬉しい限りである。

昔はタランティーノ作品のやたら長いしゃべりのシーンが苦手であったが、最近は悪くないなと思うようになってきた。

長編監督作10作で監督を引退すると昔タランティーノは話していたが、次回作あたりで最後なのだろうか。
どういった作品なのか気になるのである。

 

 

【動画配信サービス】

<U-NEXT>

<TSUTAYA-DISCAS>

<amazon プライムビデオ>

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました