「サタデー・ナイト・フィーバー」、「ウォー・ゲーム」、「ブルーサンダー」などのテレビ番組を中心に活動していた監督ジョン・バダム

本日は「サタデー・ナイト・フィーバー」、「ウォー・ゲーム」、「ブルーサンダー」などのヒット作を手掛ける監督ジョン・バダムと作品についてかんたんに紹介する。

ジョン・バダム

1939年8月25日イギリスのベッドフォードシャー州ルートンで、アメリカ陸軍の将校ヘンリー・リー・バダム・ジュニアとイギリス生まれの女優メアリー・イオラ・バダムの息子として生まれた

第二次世界大戦後、バダムの家族はバーミンガムの裕福な地域であるマウンテンブルックに定住した。

その後、家族でアメリカに移住しインディアンスプリングススクールに通うことになった。

後にイェール大学に通うことになる。アメリカに帰化し国籍を取得する。

長い間、テレビ番組を中心に活動していたが、ジョン・トラボルタ主演の「サタデー・ナイト・フィーバー(1977)」を監督し、サントラとともに大ヒット作となる。

その後、「ウォー・ゲーム(1983)」、「ブルーサンダー(1983)」、「ショート・サーキット(1986)」、「張り込み(1987)」、「張り込みプラス(1993)」といった娯楽ヒット作を連発する。

ジョン・カーペンターの「スターマン(1984)」はプロデューサーのマイケル・ダグラスが当初監督としてジョン・バダムを考えていた。
また「ウィズ」「ランボー」「デッドゾーン」「パトリオットゲーム」「ドラゴンハート」などの監督とのオファーがあった。

カリフォルニアのビバリーヒルズに住んでいる。

カリフォルニアの大学にて映画の授業を行いながら、テレビドラマの制作を行っている。

主な監督作品

サタデー・ナイト・フィーバー(1977)
ドラキュラ(1979)
この生命誰のもの(1981)
ウォー・ゲーム(1983)
ブルーサンダー(1983)
アメリカン・フライヤーズ(1985)
ショート・サーキット(1986)
張り込み(1987)
バード・オン・ワイヤー(1990)
ハード・ウェイ(1991)
アサシン(1993)
張り込みプラス(1993)
ドロップ・ゾーン(1994)
ニック・オブ・タイム(1995)
迷宮のレンブラント(1997)迷宮のレンブラント(1997)
など

最後に

同じ監督の作品でも手掛けた大半の作品が面白いという監督はさほど多くいない。
ジョン・バダムはそういった監督の一人だと思う。特に当時の米ソ冷戦中にハッカーの少年が核ミサイルの戦略システムに入り込み核戦争の危機に陥る「ウォー・ゲーム(1983)」と警察に配備された戦闘ヘリ”ブルーサンダー”が活躍する「ブルーサンダー(1983)」を劇場で見てとても面白かった。この監督の作品は期待できると思った。

 

その後、時系列は逆転するが、ディスコ映画なので興味ないと思っていて見逃していた「サタデー・ナイト・フィーバー(1977)」、人格を持ったロボットもの「ショート・サーキット(1986)」、「張り込み(1987)」やその続編の「張り込みプラス(1993)」など娯楽映画としてしっかり作ってありどれも面白かった。

「迷宮のレンブラント(1997)」を見てみたいが、国内ではVHS止まりである。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました