ドイツ出身の美人女優ナスターシャ・キンスキー

ドイツ出身の女優。いままで映画で見た美しい女優の一人。

1月24日誕生日のナスターシャ・キンスキーについて簡単に紹介する。

 

ナスターシャ・キンスキーについて

1961年1月24日ドイツの俳優クラウス・キンスキーの娘として生まれる。

ヴィム・ベンダース監督の『パリ、テキサス』の演技の評価は高く、作品はカンヌ映画祭でパルムドールを受賞した。

恋多き女優で、ポール・シュレーダー、ジャン・ジャック・ベネックス、ロブ・ロウ、ジョン・ボイド、ジェラルド・ドパリドュー、ダドリー・ムーア、ミロシュ・フォアマン、ヴィム・ベンダース、ロマン・ポランスキーなどとつきあっている。

イブラヒム・ムッサとの娘ソーニャ・キンスキー(1986年3月2日生)はモデルと女優。
クインシージョーンズとの娘ケーニャ・キンスキー・ジョーンズ(1993年2月9日生)はモデル。

1980年代初頭にデミムーアとアパートを共有していた。一緒に運動し、おいしいものを食べ、美容製品や健康的な食べ物に夢中になり、楽しんでいた。

英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語に堪能である。

60本以上の映画に出演している。

主な出演作品

まわり道(1975)
悪魔の性キャサリン(1976)
危険な年頃(1977)
レッスンC(1977)
今のままでいて(1978)
テス(1979)
:ゴールデングローブ賞 新人女優賞 受賞
ワン・フロム・ザ・ハート(1982)
キャット・ピープル(1982)
哀愁のトロイメライ(1983)
殺したいほど愛されて(1984)
ホテル・ニューハンプシャー(1984)
パリ、テキサス(1984)
マリアの恋人(1984)
ハーレム(1985)
ハードジャッカー/標高10,000フィートの死闘!(1994)
ターミナル・ベロシティ(1994)
ダニエル・スティール/標的(1996)
ザ・ブロンド(1996)
ファーザーズ・デイ(1997)
ザ・タブー/暴かれた衝撃(1997)
ワン・ナイト・スタンド(1997)
イントルーダー 侵入者(1999)
ある夏の日(2000)
バイオ・クライシス(2000)
インランド・エンパイア(2006)
など
画像

危険な年ごろのVHS

 

最後に

最初、ドイツの個性俳優クラウス・キンスキーの娘と聞いたときは「えっ!」と思ったが、よく見てみると似ている。
年齢とともにより似て来た感じである。

娘は母親にも似て美人。モデル、女優などで活躍している。
・ソーニャ・キンスキー
・ケーニャ・キンスキー・ジョーンズ

タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』に出演交渉があったとのことだが、交渉は成立せず、出演はなかったのは残念。

久しぶりにデビッド・リンチの作品『インランド・エンパイア』にちょい役で出たのは嬉しかった。

 

 

<U-NEXT>

<TSUTAYA-DISCAS>

<amazon プライムビデオ>

Amazonプライム「30日間の無料体験」はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました