【雑記】新型コロナワクチン備忘録①接種1回目終了!総合病院で大規模接種。副反応は?

本日2021年7月21日、第一回目の新型コロナワクチンを総合病院で接種してきた。

初めての機会なので、ブログに記録を残そうと思う。

大きな総合病院の大規模接種での内容なので、接種会場によっては色々とやりかたも異なってくると思う。また、副反応もひとそれぞれで違ってくる。
参考程度に読み流して欲しい。

予約まで

住んでいるのは東京の23区の外、東京の西の方の市である。
管轄の市区町村ではワクチンの接種券は6/21から順次発送とあったが、2~3日待っても届かなかった。

郵便受けを毎日のように見に行ったが、なかなか来ず。来たとしても申し込み出来ないだろうな~ということで、待っていたところようやっと6/29にワクチン接種のクーポンが届いた。

予約しようと市のホームページを確認すると、7/5から以下の条件を満たす場合は予約可能とのことだった。

・60歳以上
・基礎疾患を持っている
・高齢者施設従事者
※50歳以上の予約も7/20から始まったが、7/21時点で8月末まで市内の接種可能な施設の予約は埋まってしまったそうだ。
わたしは先行枠で取れたが、一般枠の募集はまだまだ先になりそうである。

わたしと奥さんは、基礎疾患持ち(わたしは血圧が高めなので薬を飲んでいる)なので、予約することが出来た。

7/5の朝8時の予約開始そうそう、Webにアクセスしてわたしは家から自転車で10分くらいの総合病院の予約を取ることが出来た。
翌日から4連休なので体調が悪くても仕事を気にせずゆっくり出来ると思い連休の前日の7/21とした。
午後を仕事半休として14:20分の接種で予約を取った。ワクチンの種類はファイザー製である。

当日、いざ接種会場へ

7/21接種当日。14時はめっちゃ晴れていて暑かった。
14時に病院へ到着、駐輪場はほぼ埋まっていたが、置くことが出来た。

病院の外まで予約の人が待っており、外はパイプ椅子が距離をあけておかれ、15人1グループで座って待つようになっていた。
接種時間の10分置きにグルーピングされ、たぶん15人で1グループとなっていた。
外で椅子に座れるのは、14:20分のグループで、少し外で待つこととなった。

少し待つと、院内に案内された。
入り口には、消毒薬が置かれ、消毒後は検温機で体温を図るようになっていた。
入館時の体温は36.7度だった。

年齢層は30代ぐらいから年配の方まで様々。保護者つきの学生らしきが一人いた。

院内には注射を待つ直前のグループ、2時10分接種のグループ、わたしを含む2時20分接種のグループの3グループ(約45人)がいた。

ここは地元のかなり大きな総合病院なので、1時間で10分置き15人×6グループで約90人近くがワクチンを接種することになる。

①クーポン券と予診票のチェック、②パソコンでの受付確認、③予診票の医師のチェック、④ワクチン接種と接種後の待機
というざっくりと四段階の流れ作業がそれぞれの担当別に組まれていた。

①では市から送付されたワクチンのクーポン券と事前に書いた予診票(自己申告の用紙)のチェックを行う。
記載漏れなどのチェックもここで行った。

②で次回の接種日が書かれた紙を渡された。3週間後の同曜日、8/11だった。
しかも、説明書きには基本変更は不可とかかれており、わたしはちょうど夏休みだったので良かったが、仕事とかで外せない予定が入っている人は非常に困るのではないかと思った。

③は部屋に通されて、医師がいる部屋へ予診票の内容を再度確認された。

その後は、再びパイプ椅子に座り④を待つことになった。
その際に左か右に打つかの確認があった。
利き腕ではない方に打つのである。わたしは左利きなので、右腕に打つことになり、右接種のカードをもらった。

少しすると、接種会場である奥まで行き接種待ちとなった。

待合室か食堂を空けてのかなり広いスペースの接種会場となっていた。

15人の3グループ3列に別れて縦に座るようになっていた。

接種する医師はひとり。おじいちゃんぽいがベテランそうな雰囲気だったので少し安心できた。
昨日接種した奥さんの話だと、医師は時間でローテーションをしているそうだ。さすがに一人でこの人数のワクチンを打つのは無理がある。

接種者が医師のところに移動するのではなく、医師が接種者のところまで、コロ付きの椅子で移動して打つスタイルである。看護士が1人ついて袖をまくって、消毒液で接種する場所を拭いていく。
接種者の移動をなるべく減らし、感染に配慮したシステムだと思われた。

順番通りにテキパキと注射が打たれていく。
この順番待ちの間が一番怖かった。
初めての事なおで、打った直後に急に体調が悪くなったらどうしようという恐怖感が頭をもたげてきた。
心持ち深呼吸をして心を落ち着かせた。

アルコールで消毒し、いざ注射。
筋肉注射ということで、痛いのを想像していたが、チクッとしただけで、全然痛くなかった。

わたしの列の注射が終わったのが14時50分。
ここで15時5分まで特に体調が悪くないか確認するために15分待機する。

※③の医師の判断で待機時間が30分の人も何人かいた。アレルギー反応が出やすいひとたちなのかも知れない

特に問題なし。周りも見回した限り、調子悪そうなひとは一人もいなかった。

その後は、接種会場の入り口で、クーポン券と予診票の写しを受け取り終了。

駐輪場に停めていた自転車にのり帰ってきた。
15時の日中の日差しはじりじりと肌を刺した。

副反応は

接種から8時間ほど経過したが、特に問題はいまのところない。
右腕を上に上げると、注射を打った場所の周辺が筋肉痛のように痛むくらいで、普段と特に変わりはない。まだ、打った初日なので、なんともいえない。しばらく経過を見てブログに書いていこうと思う。
副反応は個人差があるそうなので参考程度に読んでください。

翌朝7/22:筋肉痛みたいな腕の痛みは昨日よりも強くなった。他は特に熱もないし、体感での異常は感じない(2021/7/22 7:00時点)

夜も特に熱もなし。注射した付近の腕の痛みはある。腕を上げると筋肉痛のような痛みはある。
前日接種した奥さんは、少し頭痛がすると言っていた。それと注射した付近がわたしよりも広範囲で腫れていた。同じく痛いと言っていたがいまは周辺が痒いそうだ。

(2021/7/22 19:00時点)

7/23朝:腕の痛みもほどなくなってきた。奥さんの方は頭痛はきれいさっぱりなくなったそうだ。少しかゆみはあるそうである。(2021/7/23 7:00時点)
特に1週間以上たったが問題なし。最初の2~3日、接種場所の周辺が少し腫れて筋肉痛の痛みが続いただけであった。熱は特に出なかった。
二回目接種は三週間空けた8/11の予定。二回目の方が副反応がきついという話を聞くので、二回目接種のレビューも接種後まとめていきたい。(2021/8/1)

最後に

二回目のワクチン接種も8/11に完了した。そのときのレビューはこちらにまとめた。
未分類
スポンサーリンク
くろけっとをフォローする
くろけっとチャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました